Beauty☆Charge ~新米ママの毎日。~

大好きなコスメの事、奮闘中の育児の事、いろいろ書いてます。

ヴァージンココナッツオイル石鹸 VCOマイルドソープ

VCOマイルドソープ

品質の高い天然オイルが入った
さくらの森 VCOマイルドソープを使ってみました。

VCOとゆうのは、ヴァージンココナッツオイル(Virgin Coconut Oil)の略語。この石鹸は、椰子の実から抽出された高級なオイルが使われているんです。椰子の実なんてゆうとココナッツジュースぐらいしかひらめかないけど、ココナッツオイルはとても万能なオイルだそうで、紀元前から東南アジアの人たちは食用として愛用していたり、マッサージオイルや整髪剤、薬としても使われていたとゆう歴史あるオイルなんだそう。

輸入されてくるココナッツオイルのうちのほとんどは、化学薬品の添加や熱処理をされたもので、石鹸や調理用油として利用されてます。効率よく大量のココナッツオイルが抽出できる反面、ビタミンやミネラルが破壊され、ココナッツオイルの本来の機能が果てせていないのが現実なのだそう。

こちらの石鹸に使われているココナッツオイルは、
天然の酵素の力を利用して、ゆっくり、ゆっくり時間をかけて抽出されたココナッツオイルが使用されてます。添加物を加えていない、とゆうことで、厚生労働省から食品として輸入を許可された、最高グレードの「ヴァージンココナッツオイル」が、石鹸に入っちゃってるんです。これって贅沢だと思いませんか!?


VCO石鹸

VCOマイルドソープ

半透明の綺麗な石鹸です。香りはとくにありません。
ヴァージンココナッツオイルの特徴は、ラウリン酸が約50%含まれている、とゆうとこにあります。ラウリン酸は、赤ちゃんの免疫を高める母乳にも含まれているもの。ココナッツオイルって、免疫力を高めてくれるオイルなんだ~

ラウリン酸には、抗酸化作用や抗ウィルス作用にも優れた作用があるんだって。これらの作用や、古くから薬として扱われていたオイルとゆう点で考えると、肌が荒れてしまったときや、うっかりニキビになってしまったときにも穏やかに使える石鹸なのかも。

そして、もうヒトツの特徴は、植物油の中でもダントツの気泡力があるんだそう。
気泡力とゆうのは泡立ちのことなのだけど、合成界面活性剤を使わず、天然のオイルだけでここまで泡立つのってほんとすごい!って思った。あわ立てネットがついてきたんだけど、それ必要ないぐらい、密度の濃ゆいもこっくりとした泡が簡単にできちゃいます。泡立てネットを使用すると、もこもこっとした生クリームそっくりの泡ができるんで、この泡をみるたびにケーキが食べたくなるんです。
植物油の中でも、ラウリン酸がこれだけ入っているのはヴァージンココナッツオイルだけ。上質なオイルだけが作ることができる泡は、気持ちよーく肌にフィットします。


VCOマイルドソープ


ラウリン酸が肌の汚れを落としたあとは、保湿成分のヒアルロン酸が肌に潤いを残してくれます。調べてみると、ラウリン酸とゆうのは洗浄力が高いそうなのだけど、洗いあがりがパキパキしないのは、ヒアルロン酸のおかげなのかな。目元のあたりもつっぱらず、急いでローションをつけなきゃってダッシュしなくてもいいぐらいの洗いあがりです。

ヴァージンココナッツオイルって、世の中の認知度はまだまだ低いと思うんだけど(私が知らなかっただけかな)
発売からわずか半年で30000個突破したこの石鹸をきっかけに、ドーンとブレイクしちゃったりして。

余分なものをいれず、天然オイルがたっぷり入ってるので、石鹸はとても柔らかいです。
きちんと保管をすれば2ヶ月ぐらいはもつようですが、お風呂場におきっぱなしの放置プレイなんかしちゃうと、ゆる~んと溶けてしまいそう。くれぐれも、保管は大切に・・・

>>【今なら高級泡立てネットプレゼント】VCOマイルドソープ











ランキング
ランキングに参加しております♪


コスメブログランキング     ★美容ブログランキング

いつもありがとうございます。

おきてがみ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。